リレンザでインフル早期感知を目指す

リレンザとは、吸入するタイプのインフルエンザの治療薬です。
発症後48時間以内に吸入することで、インフルエンザを早期完治させることができます。

なぜ48時間以内でなければいけないのかというと、48時間以上経過すると、インフルエンザのウイルスがかなり増殖してしまうからです。

インフルエンザにかかると高熱が出ますが、それはウイルスの勢いが強いからです。
ウイルスが増えれば増えるほど、体はそれを除去するために熱を発します。
ウイルスが熱に弱いからです。
熱を出せば出すほど、ウイルスを撃退できます。

リレンザには、このウイルスの増殖を止める作用があります。
まだウイルスがそれほど増殖していない段階で吸入することで、ウイルスは増殖しなくなります。
すると体はそれほど高熱を出さずとも、ウイルスを撃退することができるようになります。
つまりウイルスがまだ少ないうちにリレンザを吸入すると、軽い症状しか出ずに済むというわけです。
しかもウイルスの数が少ないため、撃退はスピーディにおこなわれます。
そのため早期完治が可能なのです。

リレンザの、ウイルスを増殖させないという作用は、インフルエンザの予防にも有効です。
家族がインフルエンザを発症した場合などに吸入しておくことで、感染を防ぐことができます。

リレンザがうまく吸えたかの確認方法

リレンザは、経口吸入タイプのインフルエンザ治療薬です。
インフルエンザはインフルエンザウイルスの感染によって発症し、毎年のように冬に流行する病気です。
感染すると数日の潜伏期間ののちに、38度以上の熱や筋肉痛などの症状が現れます。
1週間近く症状が続き、症状が重くなると肺炎や気管支炎を併発することもあります。
ウイルスは、呼吸で喉や鼻に入り、気道で増殖をします。
リレンザは、ウイルス増殖に必要なノイラミニターゼという酵素を阻害します。
リレンザは粉状の薬で、吸入することによって気道に直接働きかけ、ウイルスの増殖を抑えます。

服用方法は、ディスクヘラーという専用吸入器で、吸入します。
薬は円盤状の丸いディスクに包装されていて、4つの凸部分のブリスターに薬が入っています。
通常ブリスター2個分の10mgが、1回の使用量です。
薬を専用吸入器にセットし、水平に持ったまま息を吐き出して、吸入器をくわえて深く息を吸い込みます。
そして吸入器から口を外して、数秒息を止めます。
うまく吸えたかどうかの確認方法は、薬のシートを吸入器から取り外して、薬が残っていないかを確かめることです。
粒子が細かいので、カスが残っていることもありますが、粉が残っていなければ、吸入できているということになります。